なんも・なんも


ゆっくりでも、前を向いて進みましょう。
by hikkey05
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:近況( 29 )

ひな人形

五年ぶりにひな人形をだしました。

長女が15歳 次女が10歳になりました。

お雛様のお顔を見るまでドキドキでした。

湿度の低い北海道でヨカッタ。

きれいなままでした。
f0075087_20475781.jpg



それから、こちらは

以前住んでいた土地で

ご近所さんのおばさまが

娘の誕生を祝い作ってくださった

木目込み人形のお雛様と色紙。
f0075087_20482787.jpg



そして、長女が生まれたその年にお雛様がなかった我が家に

二月の立春の日、ある夫婦が礼装をしてとどけてくださった日本人形です。
f0075087_2049540.jpg


知らない土地で出会ったこころやさしいおじさまとおばさま。

長男がおなかにいる時からなにかとワタクシに気遣い、わが子のように接してくださったご夫婦です。

16年たってもなお、遠く離れていても私たち親子を見つめてくださる方々です。


お人形を出しながらこどもの誕生を喜んでくださった方がたを思いました。

感謝 感謝です。

この五年間お雛様を出せなかったのでした。

来年もきっとお雛様のお顔を見ようと思う。
[PR]
by hikkey05 | 2009-02-19 20:52 | 近況

インフルエンザでした

土曜日に突然発熱した次女ですが

本日再度病院に行くと

インフルエンザA型でした。

先月ワタクシがかかった時に感染し抗体ができていなかったようです。

これだけ、高熱が出たのも寝込んだのも久しぶりの次女です。

昨夜からは咳もひどくなりなかなか眠れませんでした。

今日はそちらの薬もいただきました。

ただ、リレンザは48時間以内というラインぎりぎりなのでやめておくことに

水曜日まで母娘でおこもりです。


閉鎖病棟 (新潮文庫)

帚木 蓬生 / 新潮社


精神科医師による小説。精神科の病棟に暮らす患者さんの目線で書いてあります
山本周五郎賞を受賞しただけあります。

それと、いま読み始めた

若者のための政治マニュアル (講談社現代新書)

山口 二郎 / 講談社


北海道新聞の書評を見て買ってみました。
少し過激だけど・・・・・自己責任と政治について考えさせられます。まだ、途中・・

ところで、酔っ払って会見をなさったあの方のシーンは衝撃でした。
[PR]
by hikkey05 | 2009-02-16 20:23 | 近況

年金特別便

世間で年金特別便が来た、来たとみなさんがおっしゃるころ

実はワタクシにはやってきませんでした。

社会保険事務所に問い合わせたものの

皆さんへの発送は終わっております。と言われて数か月。

つい数日まえに

一人前に年金特別便がやってきました。

社会保険事務所さんも多忙を極めているのでしょうか。

今日は保険の任意継続に社会保険事務所へ

前回もそうですが、任意継続手続きには約一か月かかります。

前回任意継続をしたときにはひと月半保険証がとどかず

病院にもかかれませんでした。

それなのに、保険料はしっかり払わねばなりません。

そんでもって今回は自分で手続きに出向いてみました。

申し出書に受付印をもらってそれをコピーしていただきました。

万が一の時のためです。

最初のときの教訓が生きております。

できればこんな経験をしないに越したことはないのですが。




別のところで今日はあることがあって、ちょっぴり、心が凍りそうになりました。

先の見通しがつかないということは

本当に不安です。

一生懸命努力してもどうにもならないこともある。

がんばり方が的を得ていないのか。足らないのかわからない。

それを引受けなければいけないのだけど。

心はせめて、シャーベットにとどめておこうと思った。


画像はまっすぐに伸びる道路。朝日がさんさんとふりそそぐ通学路。
f0075087_22324065.jpg

娘とわんこのラブと毎朝歩いています。
[PR]
by hikkey05 | 2009-02-06 22:36 | 近況

10年

昨日は末娘の10歳の誕生日でした。

やっと二桁になったなあ~という母の実感です。

おととしの今頃は骨折をして入院した母を

学校を終えて毎日ひとりでバスにのってあいに来てくれました。

昨年は、おもいがけす転居がきまり

たくさんのおともだちや

彼女にあたたかいまなざしをおくってくださる地域の大人の方々と

はなれることになりながらも

わんこの世話やお手伝いをけなげにしてくれる子どもです。

最近ようやく、おともだちと放課後あそぶようになりました。

おねえちゃんとも話が合うようになりました。

やっと10年。次の10年。おそらく子育ての時間は10年ないかもしれないけれど

しわや白髪の増えてしまった自分を見て

これから、またどう変わってしまうのか。

その分、娘たちが輝いてくれていると思っている。
[PR]
by hikkey05 | 2009-01-31 07:29 | 近況

タミフル

昨日で飲み終えました

昨日から職場復帰です。

職場でも多くの人がかかっていました。


高熱がでなかったといえ

やっぱり‘ゆるくない’

昨夜はバタッツと倒れるように眠りました。
[PR]
by hikkey05 | 2009-01-15 07:40 | 近況

三叉しんけ~つう??

最近、歯が痛く

ようやく勇気をだして歯科に通うようになっていたのです。

虫歯でもなく、奥歯をかみしめて寝ていたせいか

ぐらぐらしてしまいそれが原因らしく

かみ合わせを調節していただいても

日に日に痛みがとれません。

今朝がたは痛みで目が覚めてしまいました。

朝食時にお茶を飲んだら歯が沁みて

それからこめかみに激痛が!!

ええ~なに~この痛さ!!

痛み止めを飲んで冷やしながら仕事へ

夕方歯科に行くと

シンケイツウかも?

とお医者様。

「明日、総合病院に行ってください。」

なぬ~と帰宅してPCで調べたら

どうやら三叉神経痛かも・・・痛みの感じや痛みの続く時間が短いし

いやあ、とんだクリスマスプレゼントです。

腰痛がようやくおさまってきたのに

こんどは神経痛??

もう、ワタクシなんかわるいことした~?

と逆ギレしたくなってしまいます。

カナシイ。痛いやん!!

仕事も休まれへんし!!
[PR]
by hikkey05 | 2008-12-25 21:10 | 近況

光陰矢の如し?

今年の夏、仕事を辞めることになり

考えることがあって引っ越してきた。

越してきてまだ、三か月に満たない。

ここ数年、こんなに月日がたつのが遅いと感じたことがない。

まだ、一日。まだ一週間、やっとひと月。

なのである。

その間、やたらめったら、「面倒くさい」ことが

矢継ぎ早に起きている。

以前は、あっという間に一日、一週間、ひとつきが過ぎていったものだが・・・・

そのことを、分析する気にもならないのである。

あえて、「面倒くさい」と書いたが、

それ以上の感情を掘り起こさないようにしている。

きっと、引き目でみれば、すこしづつ

解決できているのだろうと思うけど。

それを解決している自分をほめなきゃって思うけど

できないものはできない。

と開き直ってしまおうと思う。

生きていることだけでも儲けものと

今あることに感謝して生きたいのだ。

それなのに、できないでいる自分をせめている。

そんなワタクシをせめて・・・・

これは、もう、自分のしっぽを噛んでクルクルまわる

虎のようにバターになってしまいそうである。

まさに、一日千秋である。
[PR]
by hikkey05 | 2008-12-19 08:07 | 近況

わらった

新しい仕事で

障がい当事者のかたとかかわらせていただいています。

体力的につらいこと

仕事の忙しさなど同業の方々は

みなさん同じではないかと思います。

そして、利用者さんが

笑顔を見せてくれたとき

心から声をだして笑っているとき

自分から手を差し伸べて何かを伝えてくれたとき

その瞬間の喜びは、これまた、共通しているのではないかと思います。


このひと月、新しいしごとについて

ブログに書き込むことがなかったのは

気軽にかけなかったことと

驚き、喜び、気づき、そして、生きることなど

たくさんのことがあふれてきてうまく言葉にできなかったから。

そして、今もなお、ことばをつむぐことは

なかなか難しい。でも、

これからのワタクシのあゆみに

現れてくれるといいなと思いたい。


昨日出勤途中で、オオワシに出会う。

とっさに携帯電話で写真をとったが

うまくとれなかった。一眼レフのカメラがほしいな~

今日の帰宅時にはとても美しいキタキツネにもであう。


我仁を欲すれば、斯に仁至る。
[PR]
by hikkey05 | 2008-12-03 22:46 | 近況

目からウロコ

ウロコだったのは

「こどもに教えるのは自立ではなく

上手に他者に依存する方法を教えることが大切。

そのためのコミュニケーション手段を獲得させること」

とのきのうの講演会でのお話。



どんな人でも人はひとりでは生きられないもの。

自分に置き換えてもうまく人にたよれず

めんどくさく、不器用な生き方をしてきたなあ~と実感。


人に頼ってはいけない、甘えてはいけない

と言い聞かせながら、頼らざるを得ないとき

上手に頼めなくて、でも、最後には人にお世話になって

自分を責めて、情けなく思ったりの繰り返しを

生まれてこの方何回つづけてきたのかな?

このお話をせめて思春期に聞いておけば

違ったのか?と考えながら帰り道ハンドルを握っていました。



今月初めから仕事にでたので、わずかながらお給料をいただけたので

今日のランチを外食にしました。

「オレ(長男)にも食べさせてあげたいね。」とワタクシがいうと

長女がすぐ「うん。」とこたえました。

今年の夏まではおねえちゃんが下宿をしていました。

こんなとき自分を母が思っていたろうと

気づいてくれたでしょうか?



それから、最近あの大好きなビールが飲めません!!


今日おそるおそる体重計に乗ってみたら

2キロやせていました!!

特別支援教育コーディネーターの手引き (特別な支援が必要な子どもたちへ 4)
佐藤 曉 / / 東洋館出版社
ISBN : 4491023824
スコア選択:
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-24 23:38 | 近況
お気に入りブログ
りんく
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧