なんも・なんも


ゆっくりでも、前を向いて進みましょう。
by hikkey05
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:中標津( 86 )

半年ぶりで

しばらくぶりで中標津にでかけました。

地域食堂 どんぶりカフェ&お弁当 「くれぱす」さんが来月開店します。

ワタクシの友人らが起業されます。

「くれぱす」という名前には

人それぞれがそのひとのカラーを持ち

つながり影響しあうことで、ひとつの絵を描くという思いがあります。

障がいや生きづらさ、生活背景、個性いろんなカラーをもつひとりひとりが

あたりまえに生きるコミュニティを目指しておられます。

あったかい心と熱い思いとひとを大切にするこころざしをもって

まもなく、一歩を踏み出します。

そうした、姿を友としてそばで見ているワタクシもまた

なんんだかうれしく、幸せ気分をもらえて感謝です。

くれぱすのみなさん、ほんとうにありがとう

いろいろおつかれ気味で充電最中のワタクシですが、なんだか吹っ切れた気がします。
[PR]
by hikkey05 | 2011-11-24 21:32 | 中標津

ありがとう

ひさびさに中標津にでかけました

久々にあいたいひと方にあえて元気をもらいました。

ほんとうに元気をもらいました。

夏休みです。勉強のことはすこし隅においやっています。


息子が帰省しました。

久々に車に四人乗りこみました。

いつもより、釧路への道が短く感じました。

今年は仮装盆踊りに参加できませんでした。

仮想大好きのおともだち、みごと三位に入賞したそうです。
f0075087_21421918.jpg





画像は、先週末お友達が喫茶店でマスターにお願いした
「チョコレートシロップ抜きのチョコレートパフェ(その分生クリームをお願いします」パフェ。

わがままに応えてくれたマスター、かっこいい!!

ちなみに左側はスタンダードなチョコレートパフェ
f0075087_21414897.jpg

[PR]
by hikkey05 | 2009-08-11 21:44 | 中標津

エゾシカさん御一行

今週20日に誕生日を迎えた長男に会いにいってきました。

ゴールデンウィークも部活があるらしくこちらには戻らないそうです。

9月に中標津から釧路に引越してもう半年が過ぎました。

たった半年しかたたないのに、町の大きなスーパーのテナントが変わっていたり

町中のお店が増えていたり。

そして昨年開局した地元FMラジオがかなり進化していたり。

時間はやはりしっかりと進んでいるのですね。


夕刻車を走らせて戻る途中。

シカさん御一行が道路を横断していました。

急きょ減速しても後続車が接近していたので

ハンドルを左に切って側道に寄せました。

時として、あおり運転をしてくる車に出会います。

そんなに鈍行しているわけではないのだけど。

今夜は大事にいたらずでした。

シカさんはそんなことはお構いなしで一列にぎっしりならび

横断しようとしていたけど、最後の三頭は引き返していきました。

今の時期、草がまだ枯れていて新芽はまだまだ地面から出てきません

なのでシカさんは保護色なのです。

気をつけたいです。

それと、車窓から投げられたポリ袋のゴミに

きつねさんがよってきます。

それもまた危険なのです。
[PR]
by hikkey05 | 2009-04-25 20:38 | 中標津

エゾシカ

週末は中標津に出かけました。

標津川ぞいをエゾシカがのんびりと歩いていました。

この三頭の若い鹿のうしろを

大きな角をもつおとうさんシカが少し距離をおいて見守っていました。

雪のない河原にえさを求めて

家族でやってきたのでしょう。

f0075087_1923072.jpg

[PR]
by hikkey05 | 2009-03-09 19:25 | 中標津

寒中お見舞い申し上げます

喪中につき新年のご挨拶を失礼しておりました。

年末29日に中標津に下宿をしている長男が帰省しておりました。

彼の部屋のTVアンテナの受信状態が悪いことと

茶の間以外はやたらと寒い我が家の構造のおかげか

先日アップした釧路動物園のお猿さん親子のように

お正月はほぼ茶の間で家族が揃い過ごしておりました。

巣ごもり正月でした。

今朝から彼を送ってきました。
f0075087_201552100.jpg


長女のときもそうでしたが

下宿にこどもを置いてくるのはさみしいものです。

そして、こんど会う時まで無事過ごしてほしいと思います。

「怪我するな」部活をする息子にその言葉しか出ませんでした。

来年のお正月も家族そろって過ごせますように。



今年は一念発起をして

人生の折り返しに立ち、もし今が半分であるならば

「こうありたい」という自己実現のために踏み出すことにしました。



立ち止まってもまた、進めばいいんだよ。

おばちゃんだってこれからまた、踏み出す。

生きてさえいたらその時がきっと来ると思う。

決して楽な道じゃあないけど。その時がきたと思いたい。
f0075087_20163539.jpg

[PR]
by hikkey05 | 2009-01-04 20:09 | 中標津

あと一週間

どらえもんクラブでの書籍販売を仲間とふたりで二日間頑張りました。

佐藤先生とすこしお話しをすることもできてカンゲキです。


来週末に引越しに決まり

引越しやさんがわんさかとダンボールを今朝運んでくれました。

「さあやるぞ~」などという気持ちにはならず

午前中はバク睡、お昼はお友達のギャルさんとランチ

それからもひたすら眠り、午後は温泉に行きました。

大丈夫、たぶん、明日から頑張ります。

みなさま、「準備している~?」とご心配のおことばありがとうございます。

たぶん、なんとかなると思います。
[PR]
by hikkey05 | 2008-09-20 21:27 | 中標津

近況

なかなかブログの更新ができないでいます。

ごめんなさい。

ワタクシも山あり、谷ありの人生ですが

ちょっぴり谷でもぞもぞしております。

そんな中でも、人の心の温かさや優しさを

実感させていただく機会が何度もあり

とてもありがたく感じております。

そんな中、先週末から

自家用車でルスツへ出かけてきました。

片道約500キロメートル。

帰り道はワタクシがひとりで運転できました。

初めての距離です。

24歳のギャル2人、娘、ワタクシの女四人の旅です。

きっと、3人娘と母の旅に見えたかも。

数年前までは、こんなに長い距離を運転するなんて

考えられなかった。とうていできないことだったろうね。

やればできるやん。とささやかだけど嬉しかった。

そして、絶叫マシーンにちょっとだけ乗ってみて

叫んだらスカッとした。

今月に入り、少しづつ解決しないといけないこと

決めなければいけないことが沢山ある。

自分を見失うことなく淡々と進めていきたい。
[PR]
by hikkey05 | 2008-09-02 21:34 | 中標津

まつりのあと

8日は、夏祭りの花火大会でした。

今年は初めて間近くでみることができました。

9日は次女が夏祭りパレードとステージに出演のため、ステージママをし、

昨日は、ワタクシが仮装盆踊りに出演し、プラカードを持ってでました。

仮装盆踊り団体の部で4位入賞!!

といっても、参加チームは五団体でした。

仮装メンバー7人、スタッフ総勢14人がココロより楽しみました。

中心になってくれた、Rくん、Sくんとそのご家族、

また、お仲間のみなさまと

今夜おいしくお食事をしました。

とてもたのしい中標津でのひとときでした。

みなさま、本当にありがとう。

もう、こちらでは肌寒くなってきました。

秋が早足でやってきそうです。
[PR]
by hikkey05 | 2008-08-11 22:27 | 中標津

すきです中標津

先週金曜日に大学生が帰り、

土曜日にはぽれぽれ喫茶のお手伝い。

日曜はぽれぽれの仲間でカラオケです。

実はワタクシカラオケは苦手です。

ハイトーンの声なもんで・・・

しかしながら、他のかたの歌を聞かせていただくのはとても嬉しいです。

Rくんの美空ひばりさん。

Oくんの今風の歌。

あるお坊さんの「吾亦紅」に涙をし

楽しんだワタクシでした。

そして夕べは

また仲間と集まって

ワタクシをテーマにお食事会でした。

なんと言葉にすればようのでしょうか。

ことばにできないほどの

仲間の心遣いにただただありがたく

勇気をもらいました。

今日の北海道新聞夕刊

作家辺見庸氏はこうかいてありました。

「悩まない人は存在価値がない」というある哲学者の言葉。

なんどもなんども読み返しました。
[PR]
by hikkey05 | 2008-07-29 20:26 | 中標津

スイング・スイング

本日は午前中に

次女を連れて町の公立病院の眼科に行く。

みごとに四時間と言う時間がかかる。

イライラと疲れを振り切り

午後から仕事へ

それから、夜は

東京ブラススタイルさんのステージを見に行きました。

二階席の高等養護学校さんの席近くに陣取る。

いやあ~コレがエンターテイメントですね。

ジャズスイングにあわせて生徒さんたちも

スイングスイング

彼らを見ているだけでうれしくなります。

なんだろう掛け値なしの楽しみ

その熱さのすぐ側で感じれるゼイタクさ。

乗り気でなかった娘も

最初から楽しんでいるようす。

日々の日常でストレスや悲しさや

敏感に感じてしまう子たちも

そのときだけはスカッとしてくれていたと信じたい。

それよりもなによりも校長先生が生徒さん以上に

楽しんでいらした。

とても大切な事。

楽しむということを身をもって子どもらに身近に

身をもって教えてくださっているのです。

楽しい時には無条件によろこび

悲しい時には人目をはばからず悲しむ。

それって意外と難しいことなんです。
[PR]
by hikkey05 | 2008-07-03 22:41 | 中標津
お気に入りブログ
りんく
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧