なんも・なんも


ゆっくりでも、前を向いて進みましょう。
by hikkey05
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ひとつづつ

気がつけば、もう明日から師走です。

ああ、また一年が駆け足ですぎていきます。

今年は本当にいろいろなことがあり

たくさんの気づきと、ちょっぴり面倒臭いことがありました。

今年のはじめに何があったかと思いだそうとすると

遠い昔のような気がします。

ここのところ、なんだか、ばたばたとあわてて暮らしている気がします。

今年を総括し、自分を見失わないよう立ち止まるそんな作業も必要かと思う。

そして、少々団体さまで訪れてきた、面倒くさい問題やアクシデントも

ひとつづつ、できるところからかたづけて行きたい。

いや、少しづつ片付いていることを確認する作業かと思う。


先日久々にミザールで一緒に過ごしたこどもらと

メールで話した。それぞれが元気にそれなりにそうありたいという姿をみつめ

前にすすんでいる。こどもらのもつチカラだ。


ビールを飲まなくなって三週間ほど

あんなに美味しく、ワイワイと飲んでいたビールが

今は飲みたくなく。ちょっぴりさみしい気もしますが・・・

忘年会シーズン突入なのにね。

画像はご近所のわんこたち。

f0075087_22382570.jpg
f0075087_22384730.jpg

[PR]
by hikkey05 | 2008-11-30 22:42 | 愛犬

時間はないが・・・もない。

ワタクシ、まったくもって時間の余裕がないはずです。

それなのに、また書店で買ってしまいました。

「人間の証明21st Century」
  • 人間の証明 21st Century (角川文庫)
  • 森村 誠一 / 角川グループパブリッシング


金子みすず の詩集の一節が登場します。

それから、こども向けの

「こども論語塾」しかしながら、ワタクシ向けであります。

高校時代に出会った国語の先生はとてもおもしろく人間臭い先生でした。

その先生の影響で成績にかかわらず「漢詩や漢文」に興味をもったものです。

それから数十年、ようやく今その言葉の意味をかみしめる年がきたのでしょうか。

とてもわかりやす~い現代語訳と解説で

孔子のこころを伝えてくれている一冊です。

  • こども論語塾―親子で楽しむ
  • 安岡 定子 / 明治書院


その一部をご紹介。

子曰わく、「仁遠からんや。我仁を欲すれば、斯に仁至る。」

おもいやりの心は、そうありたいと強くねがい努力すれば必ずもてる。

というおことば。

また、

子曰わく、「徳は孤ならず、必ず隣りあり。」


思いやりを身につけることは本当に難しい。

思いやりって自分の思い込みだったり、自己満足であったりすることがある。

そして、徳を身につけることもなおいっそう難しい。

不器用なワタクシならなおさらだ。

不器用なりに努力したいと思う。

たぶんかなり面倒くさいまわり道をするんだろうなあ。
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-29 23:00 |

マリバイ工作をする犬

わが家のわんこは

夕方のお散歩を終えると

中で暮らす二頭のうちどちらか一頭がケージから出て次女と遊んでいる。

今日はくりが出ている日だった。

夕食のあと、すこし油断していたのですが

ワタクシの寝室にわずかであるが粗相をしていた。

犯人はくり以外はいない。くろはケージの中にいたからだ。

「ああ~」と私が見つけた直後に

くりはこっそりケージの裏に入り込んでいた。

どうやら、「ケージの中にいるもんね」と

アリバイ工作をしていたようだ。

ぼ~っとしている風貌だが、なかなかやり手だ。
f0075087_2259139.jpg


ハムスターの写真はまいどおなじみのおねえさんから送ってきました。

天を仰ぎ見ているその表情に癒されます。
f0075087_2314818.jpg



それから、不思議体験の報告

おとといの夜、眠ることがなかなかできずゴロゴロしていたら

突然、呼吸の仕方を忘れる。

「あれ?あれっ?」と思いながらだんだん苦しくなる。

「これって何?」と冷静に自分に問い

「トイレにでもいくか。」と歩きだしたら治った。

フリースクールを運営していたころは

思春期の子たちの過呼吸の訴えをよく聞かせていただいた。

対処法も自分ではわかっていたがすっかり思いつかず

吸って吸ってばかりで苦しくなってしまった。

それにしても、遅れてきた思春期なんだろうか?

当たり前に呼吸をしてきたが、そのことの大切さを

痛感した。あたりまえにあることが

いかに大切で重要でありがたいことか。


ちょっぴり、昨夜はこわかったのか眠れなかった。

相当冷え込んで寒かったせいもあるが。

寒くて布団の中で震える経験も初めてだったけど。

それもまた、あたりまえにあることへの大切さを実感した。
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-25 23:14 | 愛犬

目からウロコ

ウロコだったのは

「こどもに教えるのは自立ではなく

上手に他者に依存する方法を教えることが大切。

そのためのコミュニケーション手段を獲得させること」

とのきのうの講演会でのお話。



どんな人でも人はひとりでは生きられないもの。

自分に置き換えてもうまく人にたよれず

めんどくさく、不器用な生き方をしてきたなあ~と実感。


人に頼ってはいけない、甘えてはいけない

と言い聞かせながら、頼らざるを得ないとき

上手に頼めなくて、でも、最後には人にお世話になって

自分を責めて、情けなく思ったりの繰り返しを

生まれてこの方何回つづけてきたのかな?

このお話をせめて思春期に聞いておけば

違ったのか?と考えながら帰り道ハンドルを握っていました。



今月初めから仕事にでたので、わずかながらお給料をいただけたので

今日のランチを外食にしました。

「オレ(長男)にも食べさせてあげたいね。」とワタクシがいうと

長女がすぐ「うん。」とこたえました。

今年の夏まではおねえちゃんが下宿をしていました。

こんなとき自分を母が思っていたろうと

気づいてくれたでしょうか?



それから、最近あの大好きなビールが飲めません!!


今日おそるおそる体重計に乗ってみたら

2キロやせていました!!

特別支援教育コーディネーターの手引き (特別な支援が必要な子どもたちへ 4)
佐藤 曉 / / 東洋館出版社
ISBN : 4491023824
スコア選択:
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-24 23:38 | 近況

佐藤 暁先生 講演会

今週末23日~24日にかけて 

岡山大学大学院 教育学部教授 佐藤暁先生が

どらえもんクラブの招聘できてくださいます。

ワタクシも事務局員のひとりなので

23日に中標津に行きます。

佐藤先生とは二か月ぶりです。

また、元気をたくさんみなさんに与えてくれることでしょう。

「ハンデキャップがあってもなくても

子どもは困り感をもっているという目線」をもとうという

先生の、パワーあふれるお話を伺えるのがとても楽しみです。

今回の講演のテーマは

こどもをまん中にすえた親と教師の連携
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-17 23:22 | どらえもんクラブ

すこし言わせて

巷で話題の交付金です

数年後には増税があるとか。

国会で議論しているかたたちが

いわゆる後期高齢の寿さんになるころに

いまの小学生、中学生さんらが

本来なら納税者の年齢になるはずです。

それなら、こどもらの教育にお金をつかってほしい

一時的にばらまくより

将来への投資になるのではないかと思う。

なにも、有名大学にいくのではなく

それぞれの能力に応じて労働し納税できる社会になってほしい

そのためには、こどもらに選択肢をたくさんみつけてほしい

たとえば、図書館の本やDVDをふやす

お金をかけずに学べる、文化にふれる

そして、疲弊している先生がたに

サポーターをつける。

どのこどもも希望をもって「生きたい」とおもえる

そんな環境作りに投資してほしい。

団塊の世代の方たちがご高齢になる時代を支えるのは

彼らだ。高齢化社会の明暗を担っている。

どこかの国では大学までの教育費用が国家負担だという。

教育力(学力だけでなく生活力)をつけることが

将来への責務だと思う。

そういうワタクシも現在納めている税金は微々たるものだが

なんとか、わが子ども三人は

納税者にしたいとがんばっている。

ばらまき経済対策も効果がないとは言えないが

こそだて最中の私は最近のニュースをみて

いつもこんなことを考えている。

みなさんはいかが思われますか?

経済格差と教育格差 こどもは親を選んで生まれてこれない。
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-15 08:28 | 不登校

ちょっぴり涙

毎日、めまぐるしく一日がすぎて行きます。

職場では、ようやくみなさんの顔と名前が一致しはじめました。

24時間年中無休の職場です。

変則的勤務なので出勤日によって仕事がかわります。

毎日覚えることが多く、寄る年波にはなかなか勝てません。

そのうえ、新しく住み始めたまちにも慣れなければいけません。

そんなわけで、毎日が緊張で帰宅をすると

ご飯をつくり、食べたらその辺でいびきをかくという毎日でした。

そんな、母を子どもらはどうみていたのでしょうか?

本日やっとそこに気持が・・・

長女は三年前からこの地で下宿をしていました。

ようやく一緒に暮らせたのに・・

次女は大好きな友達ともわかれ

転校し、親戚も知っているおとなもいないこの地です。

そして、四年間がんばって習い続けたバトントワラーも

母の仕事の都合で辞めなければならなくなりました。

親の送り迎えが絶対に不可欠なのです。

どうしても時間の都合がつきません。


彼女は、一生懸命お手伝いをし

ワタクシの帰りをわんことまってくれています。

最近は「まあいいや」というのが口癖になっています。


ごめんね。こどもたち

久しぶりにおふろの中で涙がでた。

そしたら、中標津にいる長男を思い、

また泣いた。

どうやら、泣けるだけ少し余裕がでてきたのか。

おかあさんはがんばるよ。

また、おいしいもの食べて、たくさん笑おうね。

すまん。不器用な母で。
[PR]
by hikkey05 | 2008-11-13 23:01 | 居場所

近況

なかなか更新ができずにいました。

その間の大きな出来事、ようやく

仕事が決まりました。

といっても、二月三か月の非常勤ですが。

不況の厳しさを痛感した数か月でした。

また、その先のことも心配なのですが・・・。


それと並行していろんなできごとがありましたが

この連休中は、がんばって支えてくれていたこどもらと

リフレッシュしました。


一日は「映画の日」ということで「レッドクリフ」を娘ふたりと鑑賞してきました。

二時間半という時間もあっという間にすぎた映画でした。

おもしろかった。続編の公開が待たれます。



続いて二日のきのうは

次女と「釧路動物園」へ

初めて訪れました。

動物園は沖縄~那須高原までいろんなところに行きましたが、

湿原そのままの中の木道を歩きながら
f0075087_20343070.jpg


野鳥の観察ができたり


数多くのフクロウさんが、しかも、ある程度自由に飛びまわっている

さまを見れるのには感激しました。

ハリーポッターの映画のワンシーンのようにフクロウが羽ばたいています。

それに、シマフクロウも数羽いました。


また、ヒグマの展示室にも大感激!!
f0075087_20355067.jpg


水道管のパイプのような筒が檻からこちらにつながっています。

そこから、餌をすべり落とすとくまさんが落ちてくるのをナイスキャッチで

食べます。はやくちょうだ~いと「ホーホー」とパイプを鳴らしてくれました。
f0075087_2035138.jpg



それから、小猿のふくちゃん。

仮死状態で生まれたので

飼育員さんが手当をしました。

お母さん猿は一度人が触ってしまうと子育てを放棄してしまったそうです。

飼育員さんに育ててもらったそうです。

群れの中に帰るのはなかなか難しいようです。

「明日、お客さんの前にでるデビューの日です。」

飼育員さんが話してくださいました。

ふくちゃん、がんばって。いつまでも見つめていたかったです。

いやあ~近くにこんなに面白い動物園があったのね~

帰るときには野生のタンチョウツルが道路に立ってお見送りをしてくれました。

こんなに自然ありのままの動物園は初めてです。

これからは頻繁に遊びに来たいです。


本日は、タイヤを交換しました。

明日から仕事です。がんばります。


それから、わんこのコス担当のおねえさんから

ハムスターの画像が来ました。

しじみ貝でおしゃれをしたハムスター
f0075087_20374841.jpg

[PR]
by hikkey05 | 2008-11-03 20:44 | 居場所
お気に入りブログ
りんく
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧